クレジットカードのボーナスポイントの改悪

クレジットカードの規約改定により、ポイント還元率が引き下げられることがあります。
それにともない、ボーナスポイントも減ってしまうことがあります。

クレジットカードのボーナスポイントは、利用金額や獲得ポイントによりボーナスポイントが付与されるシステムです。
利用金額によりボーナスポイント数が決定するクレジットカードは、ボーナスポイントの規約が改訂されなければ影響はうけません。
しかし獲得ポイントによりボーナスポイントが付与されるクレジットカードは、ボーナスポイントシステムがそのままでも付与数が減ってしまうことがあるのです。

たとえば漢方スタイルクラブカードがあります。
このクレジットカードは、年間獲得ポイント数によりボーナスポイントが付与されます。
しかしポイント還元率が1.75%から、1.5%に引き下げられることが決定しました。
これによりボーナスポイントを獲得するには、より高い利用金額が必要になってしまうのです。
ボーナスポイントのためには10万円以上年間利用金額を高くしなければならないので、今までボーナスポイント獲得ギリギリだった人は、これまでの使い方ではボーナスポイントを逃してしまうかもしれませんので気を付けましょう。